Archive for 2020

猿を買うべきではなく、ペットを飼う際に真剣に考える必要がある理由

今日、私は販売されているマーモセットの投稿を見ました。多くの皆さんがMr. Pickles(ミスター・ピクルス)に会いたがっているのは知っていますが、一度彼の生い立ちをお伝えします。

彼は5年もの間ケージの中で過ごし、3人の飼い主が流血する程噛みついた後、彼は普通のペットとして受け入れられないと考えられていました。ペットショップは、彼が売れなくなりペットショップに興味を引く存在でなくなるまで、何度も再販する事に満足していた事と思います。
もし猿をペットとして飼うことを考えている人は、猿はいたずら好き(非常にいたずら好き)な子供のようなものと考え、子供の世話をするのと同じ位一日中注意を払う必要があることを理解してください。相手が人間のときと同様に、彼らをケージに閉じ込めておくと、長続きする心理的な影響を与える事になります。彼らの高度な脳を刺激するには特別なオモチャも必要です。彼らは見た目に反して物理的に何倍も強い力があります。もしオスを飼う場合…道徳的な制約のない男性がスクリーンの前で何をするか想像してみてください。(Mr. Picklesと言う名前の語源はそれです。)

私はペットショップのそばを通り過ぎる度に彼が苦しんでいるのを見るのが耐えられなかったので、販売員に彼を私に売るように強制しなければなりませんでした。私は以前にも霊長類の動物を飼った経験があるので、その難しさを知っていました。彼は身を守るために絶えずケージにマーキングをし、ストレスを感じているのは一目瞭然でした。私はMr. Picklesのリハビリに何か月もかけ、時には傷を負う事もありました。今では彼は完全に自由になりましたが、稀に(人々と同じように)フラッシュバックしてしまうことがあります。私は毎日、彼に自由の日々を贈り物として与えることが出来ている事実に幸せを(同時にこれが必要だった事に悲しみも)感じています。

私が彼を飼い始めたとき、彼が尻尾を怪我していることを知りました(恐らく子供が引っ張ったのでしょう)。彼が皆さんが知っている、ペットとして相応しい落ち着いた小さな仲間になれるようにするため、私は今まで多くの時間を費やしました。 彼のリハビリが完了するまで、私は彼の写真を投稿しませんでしたが、今では彼の幸せそうな顔の裏には暗い過去があることを皆さんに知って頂く時期だと思います。

彼に完全な健康診断を受けさせ、彼の尻尾を治療し、完全な健康状態であることを確認ました。
私の仲間のケアをしてくれるプロの獣医(外来種の対応をしてくれます。)を利用しています。
正直なところ、これは単なる猿の問題だけではないと思っています。私が飼っているフェレットの1匹は、(以前は)噛みつきやストレスの問題があったため、私が引き取る事になりました。人々は動物を飼う前に、その動物が必要とする深い感情と時間を把握する必要があると思います。勿論、そもそも動物を飼わない方が良い人もいると思います。

動物を飼うに相応しくない人も多くいるので、全ての動物(恐らく子供も)の世話をするには免許があれば良いとも思います。

Why you shouldn’t buy a monkey, and seriously consider any pet


Today I saw a post of a marmoset for sale. I know a lot of you love to see Mr. Pickles but I want to let you in on his back story.

He had spent 5 years in a cage, after 3 owners who he bit to a bloody mess, he was considered not acceptable as a normal pet. I am sure the pet store was happy to resell him many times over until he was unsellable and just a pet store curiosity.
If you are considering a monkey as a pet, please consider this. A monkey is just like a naughty (very naughty) child and will require attention all day just like a child. If they are kept in a cage it will have lasting psychological effects on them, as if you did the same to a human. They need special toys to stimulate their advanced brain, are physically many times stronger for their size. If you have a male… well imagine a teenage boy but without moral constraint - hence the name Mr. Pickles.

I had to coerce the store to sell me this curiosity as I couldn’t stand going by the shop and watching him suffer. Previously I have cared for several primates so I knew the difficulty involved. He was marking the cage incessantly to protect himself and was obviously stressed. To rehabilitate Pickles took me many months and scars. Now he has complete freedom he is better. However, sometimes (just like people) he can get flashbacks. Each day of his freedom I look on as a gift that I am happy (and yet sad it was needed) to give. 

When I got him I found he had a broken tail -probably some child pulled it. I have spent a lot of hospital time making sure he is the fit and stable little fellow you see today. I didn't post any images of him until he was rehabilitated, but now I think you should all understand his now happy face hides a dark past.
Making sure his tail was mended and he was in perfect health I had him have a full medical
I have a professional exotic clinic that looks after my fellow critters.
Honestly, I don’t think this is just a monkey issue, one of my ferrets was given away to me as she also (previously) had biting and stress issues. I think people need to understand the emotional depth and time that some animals need before getting them. Maybe some people shouldn’t have any animals. 

I think all animals (probably children too) should require a license as many people don’t deserve them.